現在、主に65歳以上の入院患者に行う総合評価加算の診療報酬は、100点。施設基準に適合し厚生局長等に届け出た医療機関で実施できます。しかし、現状では様々な紙の評価票を準備し、手計算で評価結果を集計し、取りまとめなければならないなど、手間な作業が必要となり、忙しい医療現場での事務作業を増やすため、導入が進んでいないのが現状ではないでしょうか?

実施した場合を計算してみましょう
A病院
A病院の場合

ベッド数700床で、70%を高齢者が占めており、
患者平均在院日数が14日。総合評価を100%行った場合。

計算例



試算シミュレーション
数字を入力後、「この条件で計算する」ボタンを押してください。
病床数
高齢者率
(入力例:0.7)
患者平均在院日数
この条件での
年間の診療報酬
となります
※算出される結果はあくまで試算値です。
※入院患者全員に行った場合の試算です。



それでも、なかなか実施できない。

●様々な評価票の出力が必要。
●事前準備が必要。
●実施した後の、集計や増える事務処理。
●そもそも、どの評価票を使うか、判断が必要。
●科によって実施率がまちまち。

※当該商品は、非医療機器です。


アスターならタッチして質問していくだけ!!
ASTERならタッチして質問していくだけ!! 評価票がこの1台に!!これひとつで総合評価加算帳票を簡単プリントできます!診療報酬100点。
導入しやすい。操作も簡単、事務処理もスピーディーに。

嬉しい6つの特徴 詳細はこちら




①総合機能評価
step1 総合評価加算 いつでも・どこでも・誰にでも日本老年医学会が推奨するCGA7が入っています。
詳細評価

日本老年医学会が推奨するさらに詳細な指標を搭載しています。

追加評価

多くの研究者が使用実績のある指標を選定し、搭載しています。

くわし機能はこちら
更に今なら
発売記念キャンペーン実施中
キャンペーン価格について





 
ページトップ